完全予約制の美容室が増えてきたワケ

昔に比べて美容室が増えてきましたね。とあるデータによるとコンビニより多いとか。。

そしてそれに伴って美容室の経営体制も大分変わってきました。

なかでも変化が大きいのが「完全予約制」の美容室が増えてきたことです。

なぜ、昔に比べて予約制が増えてきたんでしょうか。今回はそれについて綴っていきます。




予約制の方が丁寧に対応できる

完全予約制は非予約制に比べて一人のお客様に付きっきりになれるというメリットがあります。

非予約制もしくは予約は取るけど飛び込みも受けるという所は、どうしてもカット以外の施術はアシスタントもしくは空いてるスタッフに任せっきりになってしまい、お客様によっては粗末に扱われてるとも思われかねない時もあります。

完全予約制にすればお客様とマンツーマンの環境を作れ、全て担当スタイリストの手で仕上げる事ができます。非常に忙しいお客様でも待つ事なくスムーズに施術が進みます。

後述する口コミ評価システムもあり、よりお客様に対してシビアになるであろうと思います。

予約システムが充実してる

これもかなり大きいと思います。特に有名なのが大手口コミサイト『ホットペッパービューティー』ですね。

全国のほとんどの美容室がこのサイトと提携してる通り、非常に利便性が高いです。

地域ごとのサロン検索はもちろん、クーポン発行からそのまま予約、口コミ評価と必要な機能が全て備わってます。

更にこのサイトは経営者にランク制を設けてまして、月々に払う金額が高いほど、高待遇を受けれるシステムになってます。

具体的に言うと『サロン検索で上位に表示される』『スタイリストの表示人数が増える』など。

ブログやってる人からしたら“お金払えば検索エンジンが強化される”みたいなものです。

美容師の数が減ってきてる

やはり昔に比べて美容師の数が減ってきてることも挙げられます。

ひとむかし前の俗にいうカリスマ世代ってのがありましたが、その時期は一店舗20人近くいたところもありました。

そういう所は普通に飛び込みのお客様も受けてました。人数が多いので余裕があるからです。

でも今は様々な理由で従業員が少なくなってしまいました。そうすると回せるお客様の数にも限りがでてしまいます。

だったら無理に沢山のお客様を取らず、一定数のお客様を迅速に丁寧に回したほうが効率がいいです。

完全予約制のメリット・デメリット

上にも淡々と挙げていきましたが、メリットとしては

・シャンプーから仕上げまで全部担当スタイリストができるのでお客様との信頼度が高まる。

・ホットペッパービューティーが使える。

・予約の空いてる時間は自分の好きな事が出来たり早めに帰る事もできる(店による)。

デメリット

・1日に出来る客数が限られてしまう。

・“通りすがりで立ち寄った”ってのができないのでネットやチラシなど宣伝に力を入れないといけない。故にお金がかかる。

・普段予約しないお客様を掴めない。

 

挙げるとこんな感じです。

もちろん、予約制・非予約制それぞれ出来る事出来ない事があるので一概にどっちがいいとかは言えないですね。




おすすめの記事