ヘアマニキュアについての豆知識をまとめてみました。

昔に比べて最近はますますカラーがブームになってきてますよ。

それに伴ってカラー剤も豊富になってきてるわけですが、昔からよく使われるカラー剤の中に「ヘアマニキュア」がありますね。

最近はイルミナカラーや塩基性カラーが主流になってきており、見る機会も少なくなってきたんではないでしょうか?

そもそもヘアマニキュアについて詳しく知ってる人もいないんじゃないですかね。

なので今回改めてヘアマニキュアはどんなものなのかをまとめていこうかなと思います。




ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは「酸性カラー」という種類に当てはまります。

毛随質(髪の中心部)まで浸透せず、毛小皮・毛皮質までを染める為、アルカリカラーに比べて色持ちは悪いですが、ダメージを気にしなくていいというのがポイントです。

塩基性カラーとの違い

わかりやすい違いとしては「表面をコーティングして手触りをよくするかどうか」「色持ちの長さ」です。

色持ちの違いに関しては含まれている電荷の違いによるものです。

マニキュアに含まれてる電荷は髪にくっつきやすく、塩基性カラーに含まれている電荷はマニキュアに比べてくっつきにくい傾向にあります。

そこへマニキュアの場合は更にコーティングするのでより色持ちに差が出る訳です。

ホントにノーダメージ?

皆さんご存知の通り、ヘアマニキュアは「ダメージなし」で染毛できるカラーとして認知されてますよね。

実際ダメージが発生しないのかという問いに関してはYesとお応えします。

髪内部に関しては。

表面に関してもコーティングするので、ハリコシが出て染めたては毛髪が強化されたように感じますよね。ところがこのコーティングは髪表面、つまりキューティクルにベッタリ張り付いていているわけです。そしてマニキュアが落ちるときに一緒にキューティクルも幾らか剥がれ落ちてしまうのです。

なので染毛直後と褪色しきった後では髪の手触りが多少違うと思います。

ただしホントにわずかな変化なので気づかない方も多いです。ここの点に関しては塩基性カラーの方に軍配が上がりますね。

トリートメントと同時に出来る?

これに関しては殆ど意味をなさないと思います。

表面をコーティングするためトリートメントの浸透率が悪く、さらにマニキュアに含まれる電荷もトリートメントの浸透率を更に下げてしまうからです。

なのでどうしてもトリートメントと併用したいって場合は、先にトリートメントをしてからマニキュアをするのをオススメします。それでも色の浸透率は幾らか下がってしまいますけど。

塩基性カラーやアルカリカラーと調合できる?

これはNOです。

マニキュアに含まれるコーティング剤が他の薬剤と混ざらないからです。

具体的にどうなるかと言うと、コーティング剤が染料も含め固まってしまい全く使い物にならなくなってしまうからです。

なのでマニキュアの場合はそれ単品で使う必要があります。




おすすめの記事