殆どの美容室が眉毛カラーをやっていないワケ
11930336 - hair dye kit with white background

皆さんはふと思った時ありませんか?美容室には眉毛カットはあるけど眉毛カラーは何故ないんだろうと。

美容室という所が容姿を美しくする為の場所である以上、眉毛カラーもそれに含めてもいいんじゃないかと思いますよね。

実際に私も導入したいし、他の美容師さん達もそう思ってるでしょうが、“ある事”が絡んでくるため出来ないんですよ。




法律に反する

そうなんです。他にも色々リスクがありますが、真っ先に当たるのがコレです。

法律、その中でも「美容師法」というものがありまして、眉毛カラーもそのうちの項目に引っかかるんです。

当然これに違反すれば免許停止や営業停止などを始めとした処分は免れません。国がダメって言ってる以上は大人しく従うしかないのです。

余談ですが実は項目の中に「男性の施術はパーマネントウェーブが含まれている場合のみ」ってのがあったりします。

なので男性のカットのみの施術は厳密には違法みたいです。最もどこのサロンも展開してるので黙認されてるみたいですけどね。

肌荒れを始めとしたトラブルを免れない

仮に眉毛カラーをするとしましょう。しかし法律で定められてるのでそれ用の製品が売っていません。

そうなると必然的にヘアカラー剤を使わざるを得なくなりますが、ヘアカラー剤は髪用に作られたもの。アルカリの強度も高く、規定の範囲外の使い方をすれば当然トラブルがおきます!

顔の皮膚は頭皮よりも薄く敏感で、更にバリア機能も低いです。

頭皮でも荒れるか荒れないかというモノを肌に付けようものなら凄まじい程の肌荒れを起こし腫れ上がります!

そうなると美容師側としても責任を追いきれないです。

実際にサロンでやって肌が荒れて訴えたって方もいます。

まとめ

以上の様に眉毛カラーはお客様にも私達美容師にも非常にリスクが大きいものになります。

ただタイトルで“殆どの”って書いた通り実際にサロンでメニューとして展開してる所もチラホラありますよ。しかしそこも保健所に見つかったりお客様に摘発されたらアウトです。

なので皆さんやるなら自己責任で!




おすすめの記事