社内禁煙が増加してる中ヘアサロンは?実情と筆者の見解を述べる
Portrait of fashionable woman smoking a cigarette on dark background

近年喫煙者が増加してる中で、各企業で行われている「社内禁煙」。非喫煙者の受動喫煙の恐れが無くなる一方、喫煙者は肩身が狭い思いをするとして意見が分かれてる模様。

そんな中、ヘアサロンはどんな状況だろうか。

今回は私の所属サロンと知り合いのサロン複数を例にして書いていきます。




喫煙者と非喫煙者の割合は5:5くらい

場所によりますが、大体比率的には半々くらいですね。

美容師は当然接客業なので喫煙は敬遠されてますが、なんだかんだで吸ってる人は多いです。やはり接客業である以上ストレスなども溜まりやすく、リラックスしたいってのが意見でしょう。

何処で吸ってるの?お客様への配慮は?

何処で吸うか。それはサロンによりますね。ただ、間違ってもサロン内で吸ったりはしませんね。それはもう吸う吸わない以前の問題で、モラルに欠けすぎてるので。

大体は店の裏口や、自社ビル所有のサロンなら喫煙スペースが設けられていたり屋上で吸ったりします。ただし喫煙スペースが一切ない駅ビルなどでは、ビルの外に出てから吸っているって人もいます。

そして気になるのは臭いですよね。接客業でありお客様に不快な思いをさせるのは厳禁!そうならないように喫煙者の皆さんはブレスケアを飲むなり口を濯ぐなどの対策をしています。

しかしわかると思いますが、たばこの臭いってなかなか消せないんですよね。ブレスケアを飲んでごまかしてもその奥からにじみ出るたばこの臭いは感じてしまいます。

そこに気を配ってる人も多く、紙巻タバコ(一般的なタバコ)から電子タバコに変えたって人も多いです。電子タバコなら紙巻よりも臭いはかなり抑えられます。

仕事の効率は下がる?

はい、下がります。特にお店が混んでる時に喫煙に行かれた日にはもうみんなピリピリですよ!自分の担当のお客様がいなくても他のお客様のヘルプについてお店を回すなどやることはいくらでもあります。

それ以外にも次のお客様の準備や掃除などやることはたくさんあるので、喫煙によるなんらかの損失は起きます。

筆者は喫煙者?非喫煙者?

私は喫煙者であり、紙巻タバコ(11ミリ)を吸ってます。

しかし上記の事は踏まえてるので営業中に吸うことはなく、終わった後に吸うようにしてます。私自身がそこまでヘビースモーカーでないのに加え、吸ってなかった時代に、喫煙者のマナーが悪く嫌悪感を抱いていたので。一日多くても3本ですね。

ちなみに何故タバコに手を出したかというと、やはりストレスでしたね。仕事がうまくいかなかったり、生活面でもお金のトラブルがあったりと色々積み重なった結果という感じです。

ちなみに電子タバコにはまだ手をだしてませんが、アイコスの臭いが受け付けられなかったのでちょっとマイナスイメージです(笑)

結論

喫煙自体がマイナスイメージなのに加え、接客業なのでよりマイナスにとらわれやすいです。また、喫煙=休憩となるために非喫煙者との労働時間に差ができてしまいがちです。

なので色々考えはありますけど、社内禁煙に関しては賛成ですね。禁煙するにはいい機会かもしれません。

また一部では非喫煙者に休暇期間を設けたり別に手当をつけたりなど一応対策みたいなのはされてるみたいですね。




おすすめの記事