マニックパニックとマニキュアの染まりの違いを比較。

よく皆さんが自分の髪をお洒落に染めるときに使う

意外かも知れないですが美容師の私は殆ど使った事がないんですよ。

っていうのも美容室のメニューとして使う場合、ヘアマニキュアが使われるのでマニパニは無縁に近い代物です。

カットコンテストでも殆どヘアマニキュアを使い、マニパニには全く手を出してませんでした。

しかし最近ひょんなことからマニパニを入手しまして、せっかくだから使ってみようかと。

ついでにヘアマニキュアとも比べてみて、染まりあがりはどう違うのかも見ていこうかと思います。




共通点

・アルカリの効果を使わずに染める。

・毛髄質まで染められない。

などの共通点があります。どちらもアルカリを使用しない分、髪にダメージはありませんが、染毛力は弱いので数週間経つと色落ちが目立ってきます。

染め比べ

今回は2本の毛束(ブリーチ済み)を使って、それぞれマニキュアとマニパニで染めます。

使った色はマニパニが「グリーンエンヴィー」、マニキュアがジュエライズ(ブランド名)のグリーン10です。

色の違いを見やすくするため、なるべく同じ色を揃えました。

↓右をマニパニ、左をマニキュアで塗ります。

・・こうしてみると結構色の系統が違う!マニパニはなんかコバルトブルー。

そして塗り方汚ねぇ・・。深夜2時の作業だったから許してちょ。

そのまま1時間置いて流しました。

配置が変わりましたww今度は左がマニパニで右がマニキュアです。

こうしてみるとそんなに染まり具合に違いがみられないですね。

なのでここから1週間、両方を毎日シャンプーし続けてみました。

そしてシャンプーをしてる時に両者に違いが。マニキュアの方は最初こそ色落ちしてましたが、二日目くらいからは殆ど目立たなくなりました。それに対してマニパニの方は初日以降もシャンプーの時にずっと色落ちが治まらなかったです。いつになっても泡は。。。

そして一週間後の結果は。。

御覧の通り!マニキュア(右)の方は色味が十分残ってるのに対し、マニパニ(左)はかなり色が抜けてました。

ついでに質感も違います。マニパニの方は毛がテロテロだけど、マニキュアは軽くコーティングされてるため、手触りはいいです。

こうしてみると色持ちに大分差ができてますね。

ついで

両方を手につけてみました。

そしたらやっぱりマニキュアの方が色素沈着が激しいですね。

そういえばいつかの東海オン〇アさんの動画でも全身にマニパニを塗るって企画がありましたが、あれマニキュアじゃなくてホントによかったなってつくづく思いましたよ(笑)

まとめ

色の持ち

マニパニ≺マニキュア

染毛後の質感

マニパニ≺マニキュア

肌についた時の落ちやすさ

マニパニ≻マニキュア

このような結論になりました。

こうしてみるとやっぱりホームカラーはマニパニが適用なんだなって思います。

サロンはいままで通りマニキュアでいいと思います。




おすすめの記事