デザイン力が無くても大丈夫!「ラクスル」で簡単にPOPが作れる!
modern loft bedroom interior concept. 3d render.

最近あっちこっちの美容室がPOPをデジタルで作るところが増えてきていますね。

私もアナログ能力が低いのでほとんどパソコン作成ですね。

大体皆さんパソコンで作るときはMicrosoftoffice wordやadobe photoshopなどで作りますが、一方でその辺のソフトはあまり詳しくない、そもそもパソコン自体あまり得意ではないって方もいらっしゃると思います。

そういう方って外注しますけど、やっぱり高くつくじゃないですか?自分で作れば無駄にお金を消費することもなくなります。

そこでラクスルのホームページを使えば簡単に作れちゃいます。

ラクスルと言えばチラシなどの印刷物を発注できるサイトで有名ですね。実はその中にPOPが作れる機能があるんです。

デザイン作成

まず作成の前に会員登録を済ませておきましょう。出来上がったデータの保存や入稿の際に必要になるので。



そしたらトップページ→左側のサイドメニューの中にある「チラシ・フライヤー印刷」から「デザインテンプレートを利用」を選択します。

そしたらテンプレート一覧が出てきますので、参考にしたいものを選びます。

今回は↓のテンプレートを選択。

そうすると編集画面が出てきます。

ここで文字とか写真とかアートクリップなどを変更できます。

試しに写真を置き換えてみましょう。

まずは既存の写真を消して(写真はクリックしてDelキーで消えます)

写真ファイルをパソコンから読み込んで

写真は↓の赤丸で囲ってるところから読み込めます。

そうすると右側のプレビューに並ぶので、写真をドラッグ。

これで写真が追加されます。

文章を編集したいときは、その文章をクリックすれば編集ウィンドウが出てきます。

そのほかにも右側のサイドバーに「フレーム」「吹き出し」「スタンプ」など沢山ありますので希望通りのデザインに近づけることができます。

また、右上に「ご利用ガイド」とあり、そこでより詳しい操作方法などが載ってますのでそちらも参考にすればいいと思います。

で、あっちこっちいじって完成です。(流しで作ったので出来栄えは最高に酷いですが(笑))

デザインができましたら、右下にある「仕上がり確認」からデータの確認と入稿ができます。

データはPDFファイルとしてダウンロードされるので、チラシとして出来上がった時の質感にかなり近い状態です。

 

もしお店を立ち上げる際のPOPで写真が必要だけど無いって方は、そこらへんに落ちてるフリー素材よりも「PIXTA」という写真販売サイトを利用するのがいいと思います。

素材自体は有料ですが、商用可の素材もあり、品質も高いのでPOPの材料としてはもってこいだと思います。

ちなみに私も何度も利用させて頂いており、このブログに掲載されている写真の大半はこちらで購入したものです!



今やPOPはだれでもパソコンで作れる時代になったので是非やってみて下さいね!

おすすめの記事