ダメージを94%カット!?話題のトリートメントメニュー「ファイバープレックス」を使ってブリーチ+イルミナのグラデーションカラーしてみた。

「ダメージ94%カット」がウリのトリートメントメニュー「ファイバープレックス」を使ってミルクティー風グラデーションカラーに染めてみようと思います。

今回はいつもみたいに理論や原理は述べません。作業工程と実践結果のみをお見せします。




 

実際に使用

 

今回のモデルさんは(根元が写ってないですが)前回のカラーから約1ヶ月ほど経過してる状態です。色がすでに褪色しており痛みも目立ってます。

これから毛先にブリーチするわけですが、今の段階ですでに12LV、なかなかのダメージ毛です。果たしてこれ以上のダメージを与えずにカラーができるのでしょうか・・

 

ちっちゃい手だ。。大きくなりて~よ~(泣)

↑そんな嘆きはどうでもいいです、次いきましょ(笑)

 

ブリーチの前工程

前処理剤「ボンドブースター」を5倍希釈し、それをこれからブリーチする所に吹きかけます。

吹きかける量は薬剤(1剤・2剤の総量)の5%とされてます。

今回はブリーチ(1剤:40g+2剤:80g=120g)に対して6g使いました。

吹きかけたらハーフドライ(完全ドライでも勿論OK)

そしてブリーチを塗布していきます。ちなみにオキシは6%です。

 

そのまま10分加温、そのあと6分放置して流し。。

おおっ!なかなかいい感じ。(^^♪

もしシルバーとかハイレベルなアッシュにするのならもう一回ブリーチしたほうがいいですが、今回は暖色系のミルクティーカラーなのでこれで十分だと思います。

そして次にカラーリング。

今回はイルミナを使って染めました。

レシピは

ブリーチ毛以外:「ヌード12:コーラル12」を3:1  オキシは6%

ブリーチ毛:「ヌード10:コーラル10」を2:1    オキシは3%

もともと赤っぽくなりやすいので、根元から中間はコーラル少なめです。

そして20分放置後、最後に根元を塗って根元が染まってきたらシャンプーです。

後処理剤塗布

シャンプーが終わったらいつものトリートメントはつけずに「ボンドシーラー」を塗布します。

5分ほど放置するので一回起こした方がいいですね。

5分したらリンスオフ。そしたらあげてブローです。

果たしてダメージをほとんど与えずにグラデーションが入ったのでしょうか?

結果は

おおっ!ちゃんと入ってる!

ブローするときも毛がちぎれることなくスムーズにいけました!

横から見るとこんな感じ

いいね!

ただブリーチ毛以外のところはもう少し明るくてもよかったかも、柔らかさがもう少し欲しい。サンライトいれたらもっとよくなるかな。

ホントはカールアイロンやホットカーラーで巻いた方がグラデーションが映えるんですが、今回はストレートが希望とのことなので真っすぐ伸ばしました。

 

感想

実際に使ってみて、確かにダメージを大幅カット出来てます。

工程も塗る前とシャンプー後に塗布するだけ、余計な時間はほとんど使わない。

ちなみにメーカーさん曰くこのトリートメントをすると0.5トーンくらいの差で色の入りが落ちるそうです。でもほとんど気にならなかったですし、その時はその分色味を濃くしたり、トーンの上げ下げなどで調節すればいいだけです。

今回のファイバープレックス、私はとても満足してます!

コストも抑えてるのでお客様にもすすめやすいです!

シュワルツコフさんありがとう!!




おすすめの記事