美容の大敵の一つ、ニキビ。その正しい予防方法は

思春期にもっとも発生するニキビ。

ところが思春期を過ぎても一向に治る気配がないものも。。

背中とか首に出来るものならまだいいですが、顔にできるとなると女性はかなり深刻に悩みますよね。

今回はニキビの種類や原因、対策などを書いていきます。



ニキビとは

ニキビとは正式には「尋常性ざ瘡」という皮膚疾患のことをいいます。

ちなみに思春期に発生するものを「ニキビ」、それ以外の時期に発生するものを「吹き出物」と呼びます。

一般的には思春期を過ぎれば消えてく人がほとんどですが、たまに20代後半まで、もしくはそれ以上まで続く人もいます。

ニキビの原因

皮脂の分泌が盛んになり、さらに毛穴が角栓で閉じてしまう事からおこります。

思春期というのは男性ホルモンの過剰分泌がおこります。そうすると皮脂が大量に分泌されるほか、毛穴を狭めてしまい角栓を発生させてしまうという現象が起こってしまいます。

また、洗顔のしすぎもニキビの原因のひとつになります。洗顔しすぎると肌の必要な分の油分が取り除かれて、その結果、肌に油分を補給しようと皮脂分泌が過剰に行われ、毛穴に皮脂が詰まり角栓が起こりやすくなります。

 

ニキビの症状と進行状態

ニキビの症状には段階があり、進行するにつれて治りも遅くなり、あとも残りやすくなります。

白ニキビ

一番初期段階の状態です。毛穴の中に皮脂が詰まっている状態ですが、炎症は起きてないので痛みはまだほとんどないです。

見た目は皮膚の表面にプツプツが出来てる状態です。この状態の時にしっかりケアすればニキビ跡が残ることもなくしっかり完治されます。

黒ニキビ

白ニキビの状態からさらに皮脂分泌がおこると次第に皮脂が毛穴の中に収まりきれなくなり、毛穴の外にはみ出てしまいます。

このはみ出た皮脂が空気に触れることによって「酸化」がおこり、黒く変色します。これによってできるのが黒ニキビです。

この状態でもまだ炎症は起きてませんが、この状態を放っておくと、やがて毛穴の中にアクネ菌が発生、炎症が起こります。

なのでこの状態の時にしっかりケアできるかがポイントなのです。

 

赤ニキビ

上記の黒ニキビからさらに進行した状態です。毛穴に大量に詰まった皮脂の中にアクネ菌が大量発生します。

アクネ菌は普段は皮膚の中に存在しており、皮膚のphを保つなど重要な役割を果たしています。

しかしホルモンバランスが乱れたり、皮脂が大量に分泌されたりすると、それを好むアクネ菌が大量発生。

皮脂中に大量発生したアクネ菌は皮脂を分解、「遊離脂肪酸」という物質に変えてしまいます。この遊離脂肪酸が毛穴に炎症を起こしてしまうのです。

こうなるとかなり重症化していると言える状態で、ニキビが治った後もニキビ跡が残る可能性が増えてきます。

なのでできるだけ早く医療機関などに行って治療してもらうのが一番望ましいです。間違っても潰さないようにしましょう。

ちなみに

たまに白ニキビと間違えられるのがこの「黄ニキビ」です。

赤ニキビがさらに進行した状態です。毛穴の中に大量の膿が溜まった状態で、膿のほかにもアクネ菌などといった細菌は引き続き発生し続けています。

白ニキビと間違えられ見つけるとつい潰したくなりますが、潰さずに赤ニキビと同じく医療機関に出向くなどするべきです。

ニキビの予防

上述した通り、ニキビは皮脂の大量分泌によっておこるものです。なので毎日洗顔を心がけるべきですが、一日に何回も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料で洗うのはNGです。

必要な分の皮脂が洗い落され逆にニキビができやすくなるほか、肌のバリア機能が失われ肌荒れを起こす原因になります。

なので洗顔は朝起きた時一回、夜寝る前一回が望ましいです。

洗浄力の強い洗顔料を使う場合は多くても週に2回まで。そして洗顔したあとは、必ず化粧水か保湿クリームで肌を保護しましょう。

また、男性ホルモンの過剰分泌によっておこるわけですからその逆、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すというのもいい策です。

これは単に男性ホルモンだから対抗して女性ホルモンで~~というわけでなく、女性ホルモンには肌の皮脂や活性酸素の過剰分泌を抑制するといった肌を健康に保つ作用があるからです。

一番有名なのは大豆から摂れるイソフラボンですね。

イソフラボンについての詳しい記事はこちら

 

プロアクティブは効果あり?

これに関しては正直個人差があり、ほとんどの人が治ったという意見ですが、たまに効果がなかったという人もちらほらです。

ちなみに筆者も高校生の時使ってました。確かにニキビは少し引いたかなって感じましたが、完治には程遠いかなってのが正直な意見です。

さらに肌に合わなかったのか、最初の2週間くらいは肌荒れを起こしてしまいました。2週間を過ぎたあたりで肌荒れは収まりましたが。洗顔料が合わなかったのか化粧水が合わなかったのかは未だに不明です。

 

なのでもし自分の肌に合うのかわからなくて怖いなって思ったら、最初に使ってみて、もし肌に合わなかったらすぐに他の化粧品に変えてみるってのが一番得策です。肌に合わないといった事での返金も受け付けてくれるみたいなので。




おすすめの記事