肌の老化の原因となる活性酸素。髪への影響と水素水の効果

よくお肌の敵と言われている活性酸素だが、その活性酸素は髪にも影響があるのか?そして活性酸素はそもそも何をするのか。それについて書いていきます。



肌に対する影響

酸素は通常、細菌や毒素から肌を守る役割をはたしますが、この際に酸素が他の細胞と結合、この時に活性酸素ができるわけです。活性酸素も酸素と同じく肌を守る働きをもちます。これが正常な量なら問題はないのですが。。

酸化力が強くなって毒性も強くなった活性酸素は大量発生すれば自身の肌をも傷つけてしまいます。鉄が酸素に長期間触れると酸化して錆がつきますよね。リンゴも長時間置いておくと変色して劣化しますよね。それと同じく肌も酸化して古くなってしまうんです。

それ以外にも活性酸素が増え続ければ細胞内での突然変異も活発化、シミやガンが発生する恐れがあります。

※ちなみに細胞の突然変異自体は正常な体でも毎日起こり、ガンの素となる細胞も毎日発生してますが、増殖力が弱く、通常はそのまま死滅します。さらに活性酸素自体も毎日のように発生しています。

主な原因は外部からの刺激(環境変化や紫外線)や食生活の乱れです。

紫外線などを受けると酸素が肌を守ろうとし、大量発生して、その過程で活性酸素も増えるわけです。

髪への影響は

やはりというかあります。

活性酸素は髪に対しても攻撃的で、髪を創る毛母細胞の働きを妨げてしまいます。

あと、髪の成分ケラチンを創るのにアミノ酸が必須ですが、このアミノ酸は活性酸素を除去する効果があります。

それなら髪は問題ないんじゃないかと思いがちですが、アミノ酸が活性酸素の除去を優先してしまい、その結果ケラチンを創るのを怠ってしまうのです。

対策法

まずは食事の改善ですね。カップラーメンなど食品添加物の多いインスタント製品や、人工甘味量がたっぷり含まれた飲料水は連続して摂取するのは避けた方がいいです。

上記二つは大量摂取すれば体にとって強い毒性を示し、その毒を除去するために活性酸素が発生するという、とんでもない悪循環に陥るからです。

※ちなみに発がん性物質とか発表されてますが、科学的根拠は解明されてないみたいです。ただどのみち身体にとって有益なものではないのは確かです。

また、タバコやアルコールの大量摂取も活性酸素の増加の原因となっています。

活性酸素の抑制には水素水も効果あり!

よく美肌効果を期待して水素水を飲まれてる方が結構多いですが、この水素水こそ活性酸素を抑制させてくれる働きをもちます。

ただし、水素は空気中にすぐに逃げてしまうのでペットボトルやウォーターサーバーでの飲用はあまりお奨めしません。

一番おススメなのは、必要な時にすぐその場で水素水を作れる持ち運び式の小型サーバーや、粉末状で袋に入っていてそれを飲料水に溶かして飲むものなどです。

おすすめの記事