紫外線が髪に与える影響とは!?

もうそろそろ夏も終わりますが、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?夏行ったり、海行ったり、遊園地行ったり。。

え?髪がパリパリになってる?

そりゃ大変です!おそらく紫外線対策をしなかったんでしょうね。とりあえず水分補修のトリートメントを使って下さい。大量に髪の水分とかいろいろ持ってかれてると思うので。

正直もう夏も終わるし、いまさら紫外線対策の記事を書くのもなにかと思いますが、ここで書かないとホントに来年まで持越しになっちゃうのでどうか勘弁を~(笑)



髪が紫外線から受ける影響

まず紫外線は髪の中にあるメラニン色素を破壊します。メラニン色素は皮膚で紫外線から守る役割を果たしますが、これは髪においても同様です。しかし、守る役割を果たすと同時にメラニン自体がダメージを受けてしまいます。これはカラーした後の色素に対しても起こり、褪色してしまいます。

またその他にも紫外線は髪表面に付着している金属イオンにも反応し、キューティクルやタンパク質にダメージが発生してしまいます。

プールにいく際は要注意

まずプールには消毒の為の塩素が含まれてますよね。実はこれ、髪にかなり影響を与えてます。

塩素は水中の細菌などを死滅させるための強力な酸化剤となっています。ただ微生物だけを除去するだけならいいのですが、そんな強力な薬剤が髪に影響を与えない訳がありません。

髪表面にある髪を保護する為の脂質を除去し、髪のバリア機能を低下させ、髪の艶や柔軟性も失われてしまいます。プールからあがった後に髪がキシキシするのはこのためです。

さらに毛皮質のタンパク質にも影響を与えます。なにをするのかというと、毛皮質を構成している硬タンパク質同士の結合力を弱め、髪の強度が低下します。その結果、枝毛などが起きやすくなります。

海に行く際も同様

海水には髪の水分を失わせる効果があります。

もともと髪には水分や脂質が含まれており、これが弾力性を高め、手触りをよくさせます。

ところが海水によって髪の水分が押し出され、その結果、髪は乾燥しやすくなり指通りが悪くなります。そしてダメージも進行しやすくなります。

塩素及び海水と紫外線の組み合わせは最悪

上記2つの作用によって髪の強度が低下したところに紫外線の攻撃を受けたら、髪は更に最悪な状態に。。

髪色は褐色し、キューティクルも剥がれ、タンパク質も変形してしまい、こうなってしまうと正しいケアをしない限り全て枝毛になりボロボロになる運命を辿るしかなくなってしまいます。

じゃあもう海やプールには行けないの?外にも出られないの?

そんなことありません。ここまでのはあくまでも"その後のケアをしなかった"時の話です。ちゃんと然るべき対策をすれば問題ないです。

水分が失われたのならすぐに"補給”してあげればいいんです。キューティクルもそのままにしてたらアウトですが、すぐに補修すれば大丈夫です。こういうのは洗い流すタイプのトリートメントに多いので、普段オイルとかつけてて"これ以上重くしたくない"って方もおすすめです。

肌の日焼け止めがあるのと同様に髪の日焼け止めもあります。ほとんどはオイル式ですが、最近のはそこまで重い仕上がりにはならないので一度使ってみるといいですよ。ドラッグストアとかだと取り扱ってるかわからないのでサロンで聞いてみるといいです。

サロンは夏の時期は紫外線対策のアイテムを沢山取り揃えてると思うので、電話とかでも聞いてみるといいですよ!

今年の夏で失敗した方は来年この記事を思い出してリベンジしてくださいね!

おすすめの記事