シリコンシャンプーって結局悪いの?色々な噂が流れてるけど。。

ここ最近「ノンシリコンシャンプー」が流行ってきてますね。雑誌や街中の化粧品のポスターなどで見かけますよね!

それに伴ってシリコンシャンプーについて様々な意見が飛び交っていますよね。「使い続けてると髪が痛む」とか「頭皮に付着して育毛の妨げになる」とか。

果たしてその噂は本当なんでしょうか?そもそもシリコンとは何か。今回はそれについて話していきます。

(ぶっちゃけ他の人のブログを探せば山ほど記事があって今更感ありまくりですが、折角なので話します(笑))




シリコンとは

まず、シリコン自体が何なのかわからない方が結構いらっしゃると思います。シリコンとは化学反応で作られた合成樹脂です。髪の表面をコーティングし指通りをよくし、更に泡立ちもよくなります。

そしてこれを聞いて恐らく皆さんは髪と一緒に頭皮までコーティングされてしまうのではないかと思ったのでしょう。

結論から言ってしまうとシリコンシャンプーには微量のシリコンしか配合されておらず、その程度の量だったら心配ないです。頭皮に付着してもシリコンは水に溶けやすく次にシャンプーするときに一緒に洗い流されるからです。

ただしトリートメントは別です。シャンプーに比べて配合されてる量も多く、更に他のコーティング剤も入っており、これをそのまま頭皮にべっちゃりつけると取れにくいです。

また既に抜け毛とか気になってる方は使用はシリコンシャンプーは控えた方がいいです。抜け毛が激しい時っていうのは毛根に栄養が行き届いてないのと、毛穴の締まりが悪くなっている可能性があり、シリコンがその隙間から毛穴に入り込み、余計に育毛に悪影響がでます。その時はノンシリコンシャンプーを使いましょう。出来ればオーガニックか炭酸シャンプーがいいです。

結局どっちを使ったらいいのか

髪や頭皮の状態に合わせて使い分けるのがいいと思います。

ノンシリコンシャンプーはコーティング剤などの成分が入ってない分、シリコン入りに比べてが泡立ちが悪い、きしみやすいなどのデメリットがあります。ノンシリコンでも泡立ちが良かったり、洗い上がりの指通りがいいものもありますが高価なものが多いです。なので髪が長く絡まりやすい方は、シリコン入りを使うことをお勧めします。

もし”髪が絡まりやすい”&”抜け毛が気になる”という方はシャンプーだけノンシリコンを使用し、トリートメントはシリコン入りを使うという方法もあります。この際もなるべくトリートメントが頭皮につかないように毛先だけつけるようにしましょう。

以上シリコン&ノンシリコンについてでした!

簡潔にスラスラと並べましたがわからないことがあればまた随時コメント頂ければと思います。

おすすめの記事