フケ、痒み、薄毛。夏の頭皮トラブル。そのケア本当に合ってる?
41833614 - asian woman scratching itchy head with frustrate face expression, female having hair problems.

夏。。それは海開きや夏祭り、バーベキューなどイベント盛りだくさんな季節です。と、同時に襲ってくるのは照り焼きにされるかのような灼熱地獄・・

そして流れてくる汗、蒸れる頭。。とにかく頭が痒い!こんな日はさっさと帰ってシャワーを浴びるわけですが、、チョット待った!

その頭の痒み、ホントに汗のせい?もしかしたら汗のせいだけじゃないかもしれません。ひょっとしたら頭皮に異常があるかもかも。。

え、頭皮ケアしてるから大丈夫?

ホントかな~?頭皮ケアもやり方を間違ってしまえば、全く改善されないです。なので今回はその頭皮ケアを全て見直していこうと思います。



痒みの原因

なぜ痒みが起こるのかというと、頭皮が何らかの要因で炎症を起こしてるからです。原因は主に二つ。

・頭を爪を立ててかく、シャンプーの時に爪を立てて擦ることにより頭皮が傷つき、そこから炎症がおこる。

・シャンプーのしすぎにより頭皮のバリア機能が低下、それにより炎症が起こりやすくなる。

痒くなるとどうしても頭皮を掻きたくなってしまいますが、掻くのならば爪は使わず指の腹を使って掻くようにしましょう。それでもあまり擦らないようにした方がいいです。シャンプーの時に擦るのは、あくまでも汚れや皮脂を落とす為で、さらにシャンプーの泡が円滑剤の役割を果たし、擦る時の摩擦を弱くしてるからです。

一日のシャンプーの回数が多すぎても痒みの原因になります。シャンプーをする目的としては"頭皮や髪に付着している余分な皮脂を落とす"のと"毛穴に溜まった皮脂や汚れを落とす"事です。

これらの目的を達成するために必要なシャンプーの回数は1日1回です。多くても1日2回までです。

これ以上過剰にシャンプーしすぎると今度は落としたい不要な皮脂と一緒に頭皮を保護している必要な油分まで落としてしまいます。またシャンプーも頭皮の汚れを落とす為に擦るわけで、必要以上に擦れば頭皮は傷ついてしまいます。

そしてもし体質上頭皮がオイリーだったり毛穴に汚れが溜まりやすかったら、シャンプーの回数は増やさず、洗浄力の強めシャンプーで洗うことをオススメします。

フケの原因

次にフケがよく落ちるという人ですが、これももちろん原因があるのですが、そのうちの1つは上の痒みの原因となっている頭皮の炎症です。

もう1つは頭皮のターンオーバーが異常に早くなってることがあげられます。ターンオーバーっていうとお肌じゃないの?って思うかもしれませんが、頭皮も"皮膚"なので当然ターンオーバーは起こります。表面の角質が古くなり剥がれ新しい皮膚が形成されるわけですが、この時に剥がれ落ちた角質がフケとなります。なのでフケが出ること事態は何の異常もないむしろ正常な状態です。

ターンオーバーが早くなる原因

何らかの原因でターンオーバーの周期が早くなるとフケが大量に落ちるようになります。

その原因は主に外的刺激によるものです。

・自分に合わないシャンプーの使用

・紫外線からのダメージ

・外傷によるもの

ターンオーバーが早まる原理としては、角質がダメージを受け「もうこの角質ダメだな。剥がして下から新しい細胞を持ってこよう」という感じで、まだ機能するはずの角質が早めに剥がされ、基底層にある未成熟の細胞が無理矢理表面に出されるというものです。

これによって頻繁に角質が剥がされ、フケが大量に発生するわけです。

 

ターンオーバーの乱れが引き起こす障害

更にターンオーバーの周期が早くなる事によって様々な障害を起こします。

まずこのターンオーバーの乱れによって出来た未成熟な角質は当然ながら機能的にも不完全です。

まず皮脂の分泌が不充分であり、それによって頭皮を守る為のバリア機能が低下、頭皮が乾燥したり上に既述したように炎症を起こしやすくなったりします。

更に頭皮の衛生状態を保つ為の善玉菌も減少、その結果雑菌が溜まり臭いの原因にもなります。

なのでこれらを防ぐ術としては、まず頭皮に刺激を与えない。具体的には擦らない事ですね。これは痒みにも言える事ですね。

あとは今使ってるシャンプーが合ってないってことも。頭皮を洗浄するのは全てのシャンプーに共通する事ですが、種類によって洗浄力、配合成分なども違うので自分の頭皮の状態に合ったものを選ぶ必要があります。

正しいシャンプーの選び方

頭皮が乾燥・敏感な方

このような頭皮の場合は洗浄力が弱めで低刺激のシャンプーを選びましょう。そして水分が不足してるので、それも補給できるものがいいです。

そうなるとオススメするのはオーガニック系のシャンプーです。植物由来の成分で刺激が少なく、頭皮を潤して必要な栄養素を与えてくれます。

ヘアトニックを使う際にも揮発性の物は刺激が強いので、保湿ローションなど水分補給できるものがいいです。

頭皮の油分が過剰な方

こちらの場合は少し洗浄力を強めにした方がいいです。頭皮だけでなく、毛穴にも汚れが溜まりやすいからです。実は僕も頭皮が脂っこくなりやすいです。

そんな時にオススメなのは炭酸シャンプーです。泡に炭酸ガスが含まれており、毛穴の汚れをしっかりと浮き上がらせてくれます。更に炭酸ガスによる刺激でマッサージ効果も期待出来ます。擦り終わって流す前に1、2分ほどそのまま放置してあげると効果が上がりますよ!

抜け毛・薄毛の原因

最後は抜け毛と薄毛です。これの主な原因としては

・栄養不足。もしくは血行不良により頭皮に栄養が行き渡らなくなる

栄養が足りないと、まず毛根の働きが衰退します。毛根は毛を作る所ですので、毛が細くなったり抜けたりします。

そして毛穴の引き締める力も弱くなってしまいます。毛穴が緩むとその隙間に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、結果育毛の妨げになってしまいます。

何故栄養が届かない?

頭皮、毛根はタンパク質、ミネラル、ビタミンを主な栄養素としてます。これらの栄養は普段の生活の中では当たり前のように摂取してますよね。

ではなぜ栄養を摂取してるのに異常がでるのか。

答えは頭よりも他の部位(臓器など)に栄養を行き渡らせる事を優先するからです。

もし「毛根か心臓か片方にしか栄養が行かないから選べ。選ばなかった方は機能停止する」って言われたらどっちをとりますか?

もちろん心臓ですよね。このように髪は生命維持には関係ないために栄養配分の優先度が低くなりがちなんです。タンパク質もビタミンもミネラルも身体のあらゆる部位が必要としてます。なので頭は後回しにされてしまいます。

そうならないために栄養は多くとる事が大事です。

※必要な栄養素の含んだ食品は別の記事にまとめようと思います。

血行の悪さも関係あり

いくら栄養を摂取しても血行が悪いと結局は頭に行き渡らず仕舞いです。

血行が悪くなる原因は食生活の乱れ・普段の姿勢が良くない・ストレスなどです。

食事も偏りがあると血液の循環が悪くなったりするので、改善できるところからした方がいいです。コレステロールの高いものばかり食べたりすると悪くなります。

姿勢も首とか腰とか曲がってると、そこから血流の流れが悪くなったりします。

※姿勢の正し方も記事にしたかったのですが美容師の専門分野から外れており、不完全な知識を教えるわけにもいかないので、整体科やスポーツジムのインストラクターに聞くのをオススメします。

ストレスも溜まってると身体が常に緊張状態になり、その結果身体が硬直して血流が悪くなってしまいます。

なので改善点としては、身体をリラックスさせる事です。(間違っても会社の上司を殴ってはいけませんよ。その後に社会的制裁をくらって余計にストレスになるだけですから(笑))

一番はお風呂にゆっくり浸かる事ですね。そうすると血流が促進され、身体全体が活性化されます。そしてお風呂あがりに軽いストレッチ、更に1、2分でいいので頭皮をマッサージしてあげるといいでしょう。

ヘアトニックがあればそれもお風呂上がりにしてあげるのが一番効果的です。

ヘッドスパってやった方がいい?

勿論やった方がいいです。シャンプーじゃとれない毛穴の汚れをしっかり落としますし、(ヘッドスパの種類にもよりますが)マッサージに使う液体には頭皮に必要な栄養素がたっぷり含まれており、更に保湿効果もあります。

頭皮トラブルのほとんどの改善に繋がり、やらないメリットが無いです。ぶっちゃけ週に一回はやってほしいくらいですがコスト的に厳しいですね。。

 

まとめ

以上に挙げたように頭皮トラブルの原因は様々ですが、改善点は共通する部分が多いです。

・シャンプーは1日2回まで。爪を立てて洗わない。

・自分に合ったシャンプーを使う。

・お風呂上がりにストレッチやマッサージをする。

この3つは痒み・フケ・薄毛共通の改善策なので毎日心掛けましょう。それでも各箇所に異常が出た場合はそこを重点的に改善しましょう。

また長くなってしまいましたね。皆さんが困惑しない為に難しい専門用語は使わずに説明しましたが、逆にもしわからないことがあればコメントやメールを頂ければお答えします!

それではまた!!

おすすめの記事